FC2ブログ

ビタミンママが行く!素敵な家づくりinハウスクエア横浜

ビタミンママスタッフがハウスクエア横浜を徹底取材

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RFS:機械設備に頼らずとも住み心地の良い、本物の北欧住宅


 pro_zun.jpg こんにちは、ずんです。

我が家の内装は、ダークブラウンと白を基調としたシンプルなデザイン。
ここにアクセントカラーとして、朱色やグリーンを効かせていくのが憧れです
今回探険するのは、北欧スタイルのショールーム
インテリアの参考にしようと、喜び勇んでお邪魔したのですが、
北欧の魅力はインテリアだけではなかったのですね!
北欧住宅の性能の良さに、すっかり魅了されてきました。

ご紹介するのは
RFS株式会社の北欧輸入住宅
 「ROYAL FORT SWEDEN(ロイヤルフォートスウェーデン)」 

 0826RFS-gaikan

ハウスクエア横浜 住まいの情報館1Fです。


RFSが提案するのは
高断熱・高気密で、「真に住み心地の良い家」 。
店長さんに案内していただきました。

まずはこの壁構造材を見てください!
左が、2×4工法で一般的に使用されている木材。
右が、ロイヤルフォートスウェーデンの木材です。2×8相当とのこと。

 0826RFS-kabe1
こんなに厚い壁材、見たことがない!

45mm×170mmの構造材は、北欧から直輸入。
断熱材が同じ場合、断熱効果は壁の厚みに比例するのだとか。
さらに断熱材には、耐火性にすぐれたロックウールを使用。

 0826RFS-kabe2

家同士が隣接する日本でも安心ですね
防湿気密シートにより壁内の結露を防止するなど、気密性にもすぐれています。

こちらの木製サッシ三層ガラスにもご注目
屋内の熱は、約45%が窓と玄関ドアから流失するので、窓の断熱対策は非常に重要なのだとか。
一般的なペアガラスと比較すると、
その厚みの差は一目瞭然。

 0826RFS-sassi

ガラスの間に充填されるのは、アルゴンガス
アルゴンガスは、その断熱効果により、照明器具用の電球にも封入されているのですって

これらの断熱仕様により Q値1.0W/㎡・K を実現しているのが、ロイヤルフォートスウェーデン
Q値とは、建物の内部から逃げる熱量を、床面積1㎡あたりの数値で示したもの。
数値が小さいほど、断熱性能が高いことを意味します。
「次世代省エネルギー基準」で定められた、関東・関西の目標値は2.7W/㎡・K。
ロイヤルフォートスウェーデンQ値1.0W/㎡・Kは、
およそ3倍の断熱性能 を実証しているのですね。

なにより驚きなのは、
横浜周辺の約150棟のうち、床暖房を設置されたお宅が0棟だということ。
RFSでは、実際に住まわれているお宅を見に行くこともできます
真冬でも朝に短時間暖房をつけたら、夜までつける必要がなかったという話も飛び出すそう
モデルハウスと違って、自分が希望する坪数に近い家を案内してもらえるのも、嬉しいポイントですね。

ショールームでは、本物の北欧住宅ならではのこだわりを体感することができます。
たとえばこちらのキッチン。

 0826RFS-kitchen

「北欧では家に合わせる奥さまがいないので、例えば引き出しのハンドルも手の大きさに合わせてオーダーメイドです。
家事導線も人によってそれぞれ違うので、1つずつ相談を重ねていくことが大切です」と、店長さん。
自分にぴったりの、自分だけのキッチン。夢ですね
キッチンパネルも透明感のあるブルーやグリーンなど、場所によってカラーが違い、とってもおしゃれ!

そして、後方の窓がすべて出窓のようになっているのが分かりますか?
これも、スウェーデン本国と同じ厚い壁材を使用しているからこそ楽しめる、北欧インテリアのひとつ。
お気に入りの雑貨でレイアウトしたり、クリスマスにはキャンドルナイトを楽しんだり
凹凸により奥行きも生まれています。

こちらはキッズコーナーとしても開放されている、子ども部屋。

 0826RFS-kidsroom

北欧インテリアって、おもちゃも子ども用家具も充実しているのですよね!
それにしても、長身のずん、なにか違和感・・・と思ったら、
部屋のドレッサーなど、すべての家具が低めなのです。
親の手伝いがなくても、子どもが自身の力で生活できるよう整えられているのだとか。
当然のようで、忘れがちな視点ですね
まだまだ出番を待っている、我が家の2階の子ども部屋。
「子どもの成長に合わせて家具を変える」
いつの日か実践してみようっと!

窓のバリエーションが豊富なのも、ロイヤルフォートスウェーデンの特徴。

 0826RFS-yokojikumado

写真右にある人気の横軸回転窓は、約150種のサイズが用意されているそう。
170度回転するため、外側のガラス掃除も簡単
チャイルドロック機能もついています。
なにより
素材の風合いを楽しめるのは、木製サッシならでは!

店内には、窓の外観を確かめられるデッキスペースもあります。
 0826RFS-mado
両開きができるフレンチ窓は、テラスに最適。
上部窓のデザインがまた本格的

開放的な空間を楽しめるのも、高断熱・高気密住宅だからこそ。
 0826RFS-naikan

リビングの照明も素敵でしょう?
表裏で違う素材が、美しいグラデーションを作り出しています。
ほかにも、木洩れ日をイメージした照明など、見とれてしまう照明の数々。
「灯りをとるだけではなく、オブジェとしての照明を楽しむのが北欧スタイル」
と、店長さん。
「波紋をイメージしたハイボール」や、「湖をモチーフにしたグラス」など、
北欧ならではのデザイン雑貨が多数展示されています。
一部販売もしているので、ぜひ店頭でその魅力を確かめてくださいね

 0826RFS-syokki

RFSでは、「マンション・リノベーション」も実施中。
交換や修繕にとどまらず、断熱・自然素材・プランニングといった「北欧コンセプト」に基づいて、
新しい住まいを提案してくれます。
このショールームのような北欧テイストと、高性能な北欧住宅を、
マンションでも実現できるなんて最高ですね

北欧住宅の性能やデザイン、インテリアから、マンションリノベーションまで
もっと詳しく聞いてみたい!という方は、こちらまで♪
  045-910-0292

取材協力:RFS株式会社
スポンサーサイト
[ 2010/08/26 19:00 ] 情報館 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

横浜市北部、川崎市北部の地域情報 を発信しているビタミンママスタッフが ハウスクエア横浜を徹底取材!

みかこあんこ

●みかこ  ●あんこ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。